夏目漱石旧居跡が文京区にありますが残念ながら石碑のみです谷根千散歩のエリア内なので根津神社に参拝するついでに時間があれば訪問してみてください

石碑だけが残る夏目漱石旧居跡

またなぜか、2月21日は「漱石の日」らしいです漱石の誕生日は1867年2月9日亡くなったのは1916年12月9日漱石の1000円札が初めて発行されたのが1984年11月1日と何にもちなんでないような気がするのですが

実は文部省から打診された博士号の授与を辞退する手紙を送ったのが2月21日だったことに由来するらしいです少しわかりづらいですね「我輩は猫である」にちなんで、2月22日(ニャン・ニャン・ニャン)の方が良くないですか?と思ったりします

そんなわけでせっかくの漱石の日なので旧居跡を訪ねてみました場所は根津神社の近くで根津裏門坂を上って徒歩5分くらいでしょうか人気の散歩スポットなのであえて紹介するまでもないと思いますがイギリス留学から帰国した明治36年ここ旧千駄木町57番地に居を構えたらしいです「猫の家」としても有名で作品の舞台になった「我輩は猫である」をはじめ「坊ちゃん」「倫敦塔」「草枕」などの作品を次々に生み出した地でもあります漱石が住む前の明治23年には森鴎外も住んでいたそうなのでまさに聖地というかご利益スポットですね作家を志す方はぜひ訪問を


【場所】谷根千散歩マップ (12)

【所在地】東京都文京区向丘2-20-7 [Karte]

この家漱石作品でも描かれており「我輩は猫である」では「落雲館中学」の生徒とのバトルが「落雲館に群がる敵軍は…」「…一書を落雲館校長に奉って少々御取締をと哀願した」「落雲館の生徒ならなぜむやみに侵入した」などなど「落雲館」というキーワードが35回も登場しますがあまり良いようには書かれておりませんよほど学校のにぎやかさが創作活動にマイナスだったんでしょうか

「楽雲館」のモデル「郁文館」

この「落雲館」ご存知の方も多いとは思いますが裏にある「郁文館」がモデルになったといわれておりますその郁文館現在ではあのワタミの渡邉美樹社長を理事長にむかえ「郁文館夢学園」と名前を変えていますおっと「落雲館」が「郁文館夢学園」に改名したわけではないので誤解のないように郁文館は明治22年創立、120年を超える伝統校です夢がありますなー

というわけでここで一句
漱石の旧居の裏に“夢”がある

gesponserte Links



gesponserte Links