Wir werden den klassischen Verlauf der Wanderung vorstellen。
Ein Blog

Monthly Archives: August 2011

日本を支える開成学園・その頭脳を支えるサンドイッチ

東大合格者数ランキングで毎年トップ校に名を連ねる開成学園です開成→東大→官僚という道筋を考えると日本を支えている学校といっても言いすぎではないでしょう言いすぎかもしれませんが谷根千周辺に日本を支える学校があるなんて甲子園の予選などで応援したくなりますね開成学園の進路は東大ばかりではありませんOBにはJRA(日本中央競馬会)の矢作芳人調教師もいます開業数年でJRAのトップ調教師に名を連ね開業5年目でG1を制覇する活躍ぶりです「開成調教師」という本までお書きになっています場所は西日暮里駅のすぐそばで夏目漱石の「三四郎」などにも出てくる「佐竹の下屋敷」があった場所です山手線の西日暮里駅からペンと剣の校章が見える建物です「ペンは剣より強し」ということでしっかり勉強して日本を立て直していただきたいです(他力本願で恐縮ですが)ちなみに開成学園の前にサンドイッチが美味しいパン屋さん「サンドイッチ・ポポー」があります開成の生徒さんが群がっているのですが生徒の頭脳を支えているのはあのパン屋さん?と思うと日本を支えているのはあのサンドイッチ? ということは自分も毎日あのサンドイッチを食べれば頭が良くなる?などとも思ってしまう私は一生頭が良くなりそうにありませんねでも散策のお供にピッタリですよ穴場のパン屋さんです。 gesponserte Links

ペンと剣の開成学園

庶民的で昭和なレストラン「キッチンマロ」

谷根千散歩でお腹がへったらキッチンマロ下町なレストランの良心的な値段と本格的な洋食に疲れも吹き飛ぶことでしょう昔のモヤさま@谷根千に出たことがあります大竹さんのおすすめの店です私も引っ越してきたときは結構お世話になりましたキッチンマロは谷中のよみせ通りにあります。 gesponserte Links

日暮里駅から見えるスカイツリー

日暮里駅からのスカイツリーは東口方面に見えるのかと思ったら南口方面でした。 gesponserte Links

旧安田楠雄邸の公開日・時間・料金

旧安田楠雄邸の公開日・時間・料金です○旧安田楠雄邸 公開日・時間・料金 公開水曜日・土曜日 公開時間 — 10時30分~16時(入館時間は15時まで) 入館料大人 500円 中高生 200円 小学生 無料(各種割引有) ※靴下を着用する必要があります※邸内を案内するガイドツアーがあります。 gesponserte Links

秋葉原はアキバになく台東区にあり

電気街でおなじみの秋葉原実は住所は「秋葉原」ではありません秋葉原駅の周りに広がる電気街“アキバ”の中心は「千代田区神田相生町」や「神田佐久間町」になっています「千代田区秋葉原」という住所はありません「秋葉原」という住所は台東区秋葉原駅と御徒町駅の中間くらいの所にありますつまり「台東区秋葉原」ですここは電気街の秋葉原ではありません。 gesponserte Links

谷中のヒマラヤ杉・鉢植えから15m超にまで成長

谷中のみかどパン店の前にあるヒマラヤ杉です鉢植えから育てられて今では15mほどにまで成長したそうです写真を撮るときに店主がいるときは一声かけてからにしましょうこのヒマラヤ杉の隣には日本画家・屏風絵師のアラン・ウェストさんのアトリエがあります初めて前を通りかかったときはビックリしました○繪処アランウエスト スポンサーリンク

タッチして景気回復?!妙泉寺の「貧乏が去る像」

名前のとおり景気回復を願う像で貧乏神の上に猿が乗っています貧乏神の頭をなでた後に猿の頭をなでるて祈念すると良いそうです貧乏が去る(猿)ということらしいですとにかく祈るしかないような時代になっておりますので何かとうまくいかないという方は難しいことを考えずに祈ってみてはいかがでしょうか(効果はともかく)根津から言問通りの坂を上野方面にのぼっていくだけでも寺院や昔の雰囲気を堪能できますがちょっと冒険するつもりで細道を入って行くとこうした見所を発見できるのも谷根千散策の面白さです。 gesponserte Links

相撲ファン・相撲女子必見「横綱千代の富士像」の玉林寺

最近は個性的な力士の活躍で「相撲女子」なる言葉もできるほど相撲人気がすごいらしいですね谷根千にも相撲にちなんだ名所がありますご存じですか?谷中の玉林寺に建立された元横綱千代の富士の像です彫刻家小張隆男氏による作品で身長183cmの本人よりも大きく210cmあるそうです右手には太刀を持ち鋭い眼光でこちらに睨みをきかせているように見えます木々の間からもれてくる光がオーラのように像全体を包み込んでいます谷中散策の名所となるでしょうか相撲ファン・相撲女子必見ですね玉林寺は根津駅から言問通りを上野方面に坂をのぼって10分ほどで到着しますここからは谷中銀座の方に歩いても良いですし上野公園にも歩いていくことができます谷根千散歩の締めにも良いかもしれませんがお墓を背中に感じながらの鑑賞となるのでできれば明るいうちがよろしいかと。 gesponserte Links

源頼朝の奥州遠征に由来して天照大神が祀られる「天祖神社」

天祖神社は1189年に源頼朝が奥州藤原氏の征伐に向かう途中夢のお告げでこの地に神明(天照大神)を祀ったことが始まりとされています空襲によって社殿が焼失しましたが昭和29年に再建されました。 gesponserte Links

「一富士二鷹三なすび」が生まれた「駒込富士神社」

有名なキーワードなど谷根千が発祥になっているものがいくつかありますが「一富士二鷹三なすび」もこの周辺から生まれたと言われています「一富士」の由来となった駒込富士神社は駿河国の富士浅間神社に由来する神社で江戸時代は富士信仰の拠点でした周辺に鷹匠屋敷があったことと駒込茄子が名産だったことから「一富士二鷹三なすび」のフレーズが生まれました今でも知る人ぞ知るパワースポットとして人気があります。 gesponserte Links

谷中銀座の繁栄を支える総鎮守「諏方神社」

諏方神社は1202年の創建で日暮里谷中の総鎮守として信仰を集めています谷根千のシンボル「谷中銀座」の大繁盛を支える由緒正しき神社であります諏訪大社を勧請した「スワ神社」の中でも「諏訪」ではなく「諏方」と書く数少ない「諏方神社」です古来の表記に「諏方大明神」とあったことから「諏方」の表記を続けているそうです【参考】諏方神社 高台にあり江戸でも有数の景勝地だったため「日が暮れるのを忘れるほど眺望の良い里」と表現されたことが「日暮里」の由来だと言われています。 gesponserte Links

五色不動の1つ「目赤不動」南谷寺

南谷寺(なんこくじ)は目赤不動とも呼ばれ目黒不動などと共に江戸の五色不動の1つです元々は伊勢国の赤目山で授かった不動明王を祀って赤目不動としたことが始まりで徳川家光によって改称させられました。 gesponserte Links

1 2 »
SEITENANFANG
Urheberrechte © © Yanesen gehen .com Alle Rechte vorbehalten.
Diese Seite wird in der Wordpress-Erweiterung Design Haut des Themas „BizVektor“ „BizVektor Vast“ erstellt。