徳川家の菩提寺・寛永寺の本堂「根本中堂」

徳川家の菩提寺でもある東叡山寛永寺の本堂「根本中堂」です天台宗別格大本山でもあります寛永寺の創立は1625年ですが根本中堂は1698年の建立です
寛永寺のご本尊は薬師如来(薬師瑠璃光如来)「根本中堂」の後にある「瑠璃殿」の勅額は東山天皇によるものです

琳派で有名な尾形光琳の弟尾形乾山の墓もあります尾形光琳の作品は寛永寺から徒歩5分ほどの東京国立博物館の常設展で見られることもあります

ちなみに「東叡山」は京都御所の鬼門(北東)を守る比叡山のように江戸城の鬼門を守る“関東の比叡山”という意味が込められています確かに上野公園は江戸城(皇居)の北東に位置しています

上野公園にある清水観音堂や不忍池弁天堂も寛永寺のお堂の1つですその昔は上野公園の全域が寛永寺の旧境内の敷地に含まれていました

1868年の上野戦争で寛永寺の伽羅のほとんどが焼失した後、1873年に敷地が公園に指定され、1924年に「上野恩賜公園」という名称になりました

「東叡山」寛永寺山門の石碑


【場所】谷根千散歩マップ (10) 旧吉田屋酒店から徒歩5分くらい

【所在地】東京都台東区上野桜木1-14-11 [carte]

liens sponsorisés



liens sponsorisés