我们将介绍散步的经典路线。
一个博客

拍摄现场

坦讷神社和寺庙和千的历史建筑,如、有拍摄现货大量。还是因为天空树也可见即使采取合作的照片。

电荒7500形式的车辆、Ikenohata一直摆放在儿童公园

このあたりを都電が走っていましたその名残で都電7500形(東京都交通局7500形電車)の車両が池之端児童公園に保存展示されていますこの地は都電の停留所(池之端七軒町)があった場所ですここを走っていた都電(20系)は神田須田町から上野広小路上野公園不忍池の右側を通ってこの池之端七軒町から不忍通りに出て江戸川橋まで走っていましたが昭和46年に廃止されました不忍通りを歩いて散歩するときの脇道です見逃さないようにしましょう都電が好きな方にはおすすめです。 赞助链接

宽永寺的正殿,也是德川家族的家庙,“Konponchudo”

徳川家の菩提寺でもある東叡山寛永寺の本堂「根本中堂」です天台宗別格大本山でもあります寛永寺の創立は1625年ですが根本中堂は1698年の建立です寛永寺のご本尊は薬師如来(薬師瑠璃光如来)「根本中堂」の後にある「瑠璃殿」の勅額は東山天皇によるものです琳派で有名な尾形光琳の弟尾形乾山の墓もあります尾形光琳の作品は寛永寺から徒歩5分ほどの東京国立博物館の常設展で見られることもあります。 为了比较、「東叡山」は京都御所の鬼門(北東)を守る比叡山のように江戸城の鬼門を守る“関東の比叡山”という意味が込められています確かに上野公園は江戸城(皇居)の北東に位置しています上野公園にある清水観音堂や不忍池弁天堂も寛永寺のお堂の1つですその昔は上野公園の全域が寛永寺の旧境内の敷地に含まれていました。 1868年の上野戦争で寛永寺の伽羅のほとんどが焼失した後、1873年に敷地が公園に指定され、1924年に「上野恩賜公園」という名称になりました。 赞助链接

寺庙的桂蓝染由香里“谷中地所学院”

谷中的地所学院是、这是川口松太郎的殿堂大作的“桂蓝染”由香。 它已经从桂树,这是在AizomeDo和鼓舞供奉之前爱染明王像和正殿说。 要成为我只在乎神青睐、在石碑关键字“各种枪迅速完成”,是的,但我的心情无姜。 「愛染明王のご利益はハンパない!」と小耳にはさんだことがあるので、特别是,我觉得我急。 赞助链接

天空树的宽永寺桥

鶯谷駅から徳川家の菩提寺である寛永寺に向かう途中にかかる寛永寺橋です下を通る列車を撮影できるスポットでもありますがスカイツリーをバックに収めることもできます写っているのは常磐線です。 赞助链接

小林一茶も一句詠んだ「月見寺」

眺望の良さから「月見寺」と呼ばれた本行寺です本行寺は御殿坂を上っていく途中にあるお寺です日暮里駅のすぐそばです庭が美しく高台からの眺望が素晴らしかったことから「月見寺」とも呼ばれ小林一茶も「青い田の 露をさかなや ひとり酒」などの句を詠んでいます今では高層マンションが見えます。 赞助链接

谷中七福神の終点「弁天堂」からのスカイツリー

谷中七福神の終点不忍池の弁天堂とスカイツリーのコラボです「弁天堂から伸びるスカイツリー」のような写真も撮れますすぐそばにあるように見えますが弁天堂とスカイツリーは4kmほど離れています言うまでもありませんが写真好きの方はぜひ不忍池を歩いているとこんな感じで弁天堂からスカイツリーが伸びているように見えるところがあります探してみてください。 4km離れていますが弁天堂のすぐ後ろにスカイツリーがあるように見えるのは不思議ですね。 赞助链接

也可以崇拜夜“江户总镇守”神田明神

多くの神社は夕方で閉門となりますがこの神田明神は夜も参拝できますさすが「江戸総鎮守」です日中は多くの人でにぎわいますが夜も一生懸命に祈願している方もいます「会社帰りにどうしてもお願いしたいことがある」「どうしても今日中に参拝したい」という方はどうぞ。 6月30日と12月31日に行われる茅の輪くぐりです「行くの忘れた!」という方画像の茅の輪を左から8の字の形(無限大マーク?)で3回くぐるイメージでけがれを祓ってみてはいかがでしょうか効果があるかは、我不知道。。。 くぐるといろいろな悪いものが祓われるそうです文字での説明は難しいので正しい方法が気になる方は「茅の輪くぐり」で検索してみてください私は前の人につられてグルグル回ってしまいました。。。多く回る分には大丈夫なんでしょうか? スポンサーリンク

大平白果(银杏大千駄木丁目3“大邱山”的)

夏から秋にかけて移り変わる色を楽しめる大イチョウです最近は温暖化のせいか年末まで黄色い葉が残っていますこのイチョウが立つ大給坂(おぎゅうざか)はこの地に屋敷を構えた大給家に由来します後に邸宅の主になった元首相の大平正芳氏とも縁のあるイチョウですそんなわけで「大平イチョウ」と呼ばれたりもしています【参考】大給坂 おぎゅうざか | 坂道物語 この大給坂(おぎゅうざか)はかなり急な坂です坂を登りきるとすぐ旧安田楠雄邸に着きますたまにこの坂をノーブレーキで下っていく自転車を見かけますがかなり危険です雪が降った翌日も結構ドキドキします大給坂三浦坂動坂など谷根千には歴史にちなんだ名前が付けられた坂がいくつもあります具体的な由来は坂にある標識を見てください。 赞助链接

伊纳里的花园千鸟居(上野公园)

千本鳥居を思わせる鳥居群がある花園稲荷上野公園にあります神秘的な「穴稲荷」もありここが上野一のパワースポットだという人もいます特にキツネさんからパワーが吹き出しているとの声も信じるか信じないかはあなた次第です。 赞助链接

ENCHO墓立在(Zenshō-AN)“谷中大观音”

谷中の寺社めぐりではずせない全生庵全生庵は山岡鉄舟が建立した寺で鉄舟ゆかりの品も所蔵しています縁があった三遊亭円朝の墓所もあり毎年8月には「円朝まつり」が開催されます所蔵する幽霊画の公開や屋台などでにぎわいます政財界の大物も座禅に訪れます一説には安倍晋三首相が立ち直るきっかけになったお寺という噂もあります日本を支える隠れた「パワースポット」でしょうか墓所にも大物が眠っており全生庵にゆかりのある三遊亭円朝さんや山岡鉄舟さんなどのお墓があります墓所の隣には文字通り「大物」の「谷中大観音」が参拝客を見守っています平成3年に開眼された観音様で「谷中大観音」だそうです。 6mを超える雄大な姿ですが道路からは見えないので「隠れた名所」かもしれません仏像マニアは必見です。 赞助链接

十一辉煌Kogenji面观音(驹込大观音)

駒込大観音 光源寺の十一面観音ですこのスタイルと輝きを持つ観音様にはなかなか出会えないんじゃないでしょうかサイズがピッタリなのでしばらく待ち受け画像にしたいと思います場所は本駒込駅から徒歩10分くらいです千駄木駅から団子坂を上ってしばらく歩いた所の光源寺(こうげんじ)に祀られています元々の8mほどあった像は東京大空襲で焼失しましたが平成5年に約6mの大きさで再建されました毎年7月には縁日「四万六千日 ほおずき千成り市」が開かれます四万六千日というのはこの一日にお参りすれば四万六千日分のご利益をいただくことができるという意味です観音様の中でも十一面観音は現世を生きる人々に多くの現世利益(十種勝利)を与え来世での果報(四種果報)をもたらしてくださるといわれています光り輝くビッグな十一面観音様に大きなご利益を祈願してみてはいかがでしょうか。 赞助链接

谷中ふらここの前にある顔出し写真ボード

谷根千散歩の記念に谷中ふらここの前で顔出し写真を撮るのはいかがでしょうか谷中銀座の突き当たりを右に曲がりよみせ通りをしばらく歩くとたどり着きます。 赞助链接

1 2 »
PAGETOP
版权 © 谷根千走.COM 版权所有.
这个网站是在主题为“BizVektor”“BizVektor广阔”的WordPress的扩展设计创建皮肤。