我们将介绍散步的经典路线。
一个博客

旅游 - 旅游景点

森鴎外・夏目漱石らの散歩道だった「藪下通り」

森鴎外の観潮楼のそばにある藪下通りは根津神社裏門から駒込方面に続く細い道です今でも根津神社に行くときに歩きます近くに住んでいた森鴎外の観潮楼を訪れる多くの文人墨客や石川啄木樋口一葉夏目漱石らの散歩道だったそうです観潮楼跡の石碑もあります昔は道幅が狭く雪の日は両サイドの藪が雪の重みで道をふさいでしまって歩けなくなるくらいだったそうです。 赞助链接

藍染川の面影の枇杷橋跡

谷中散歩の名物でもあるへび道は藍染川の名残だということはご存知の方も少なくないでしょう藍染川の面影といえば明治28年創業の丁子屋さんとこの枇杷橋跡くらいでしょうか夏目漱石の『三四郎』にも出てきた橋です猫の家からも遠くありませんので散歩コースだったのでしょう。 赞助链接

本郷追分一里塚跡(日本橋まで4km)

本郷の東大赤門の近くに「日本橋まで4km」の目印があります日本橋から4kmということは日本橋を起点とする中山道(なかせんどう)の一里塚もあったということです現在は「本郷追分一里塚跡」として残っています一里塚跡のところにある高崎屋さんは宝暦年間に創業された200年をはるかに超える老舗の酒屋ですここは将軍が日光東照宮に行くときの日光御成道へと分岐する起点でもあります昔の中山道と現在の本郷通りのルートは少し違っているので「日本橋まで4km」と本郷追分一里塚跡とは100mくらい誤差があります。 赞助链接

排气口通向万世桥车站的网站

神田川にかかる万世橋のそばにある排気口ですただの排気口ではなく東京地下鉄道(現在は銀座線)の万世橋駅の跡地へとつながっています末広町駅と神田駅の間にあり延伸工事の間(1930年から1931年ごろ)2年くらいだけ営業していたそうです今でも跡が残っておりブラタモリでやってましたね。 赞助链接

千駄木小学校は北島康介選手の出身校です

文京区の循環バスびーぐるの通り道にある千駄木小学校はロンドン五輪にも出場した水泳の北島康介選手の出身校です明治42年(1909年)創立で、100周年を超える名門でもありますこの道をもう少し歩いて行き大通りを左に曲がった駒込病院の前あたりにとてもおいしいパン屋さんがあります(店の名前はクラスティだったかな?)サンドイッチの種類が結構いろいろあって優柔不断な私はいつも長時間迷ってしまいます毎日でも通いたいパン屋さんです散歩中の小腹を見たしたい方はぜひ。 赞助链接

石碑のみの夏目漱石旧居跡・「落雲館」は健在です

夏目漱石旧居跡が文京区にありますが残念ながら石碑のみです谷根千散歩のエリア内なので根津神社に参拝するついでに時間があれば訪問してみてください。 还、なぜか、2月21日は「漱石の日」らしいです漱石の誕生日は1867年2月9日亡くなったのは1916年12月9日漱石の1000円札が初めて発行されたのが1984年11月1日と何にもちなんでないような気がするのですが実は文部省から打診された博士号の授与を辞退する手紙を送ったのが2月21日だったことに由来するらしいです少しわかりづらいですね「我輩は猫である」にちなんで、2月22日(ニャン・ニャン・ニャン)の方が良くないですか?と思ったりしますそんなわけでせっかくの漱石の日なので旧居跡を訪ねてみました場所は根津神社の近くで根津裏門坂を上って徒歩5分くらいでしょうか人気の散歩スポットなのであえて紹介するまでもないと思いますがイギリス留学から帰国した明治36年ここ旧千駄木町57番地に居を構えたらしいです「猫の家」としても有名で作品の舞台になった「我輩は猫である」をはじめ「坊ちゃん」「倫敦塔」「草枕」などの作品を次々に生み出した地でもあります漱石が住む前の明治23年には森鴎外も住んでいたそうなのでまさに聖地というかご利益スポットですね作家を志す方はぜひ訪問をこの家漱石作品でも描かれており「我輩は猫である」では「落雲館中学」の生徒とのバトルが「落雲館に群がる敵軍は…」「…一書を落雲館校長に奉って少々御取締をと哀願した」「落雲館の生徒ならなぜむやみに侵入した」などなど「落雲館」というキーワードが35回も登場しますがあまり良いようには書かれておりませんよほど学校のにぎやかさが創作活動にマイナスだったんでしょうかこの「落雲館」ご存知の方も多いとは思いますが裏にある「郁文館」がモデルになったといわれておりますその郁文館現在ではあのワタミの渡邉美樹社長を理事長にむかえ「郁文館夢学園」と名前を変えていますおっと「落雲館」が「郁文館夢学園」に改名したわけではないので誤解のないように郁文館は明治22年創立、120年を超える伝統校です夢がありますなーというわけでここで一句 漱石の旧居の裏に“夢”がある スポンサーリンク

谷中七福神のスタート地点には赤紙仁王が

田端駅から徒歩圏内の東覚寺は悪いところに赤い紙を貼り付けて傷病治癒を祈願する赤紙仁王が有名です谷中七福神の寿老人も祀られていますすぐ隣にある田端八幡神社は源頼朝と鶴岡八幡宮に由来する神社です天気も良くこの3連休は谷中七福神めぐり日和ですね谷中七福神のスタート「福禄寿」の東覚寺は赤紙仁王でも有名です写真でコンモリとした赤いかたまりに見える2つです体の悪いところに赤い紙をはりつけて傷病治癒を祈願するというものです赤紙だらけで仁王様は見えなくなっていますがこのお寺には黄金に輝く阿弥陀如来大日如来が鎮座しており地紋の三つ葵も金色に輝き縁起が良く明るい年をスタートするのにピッタリです場所は田端駅の北口(上野方面の逆)を出て左の方向(山手線の内側に入るイメージ)に歩いて400mくらいです。 为了比较、ご本尊は不動明王です。 赞助链接

富士山が見える最後の富士見坂

日暮里駅の近くにある富士見坂からの富士山ですビルの間からうっすらと見えていました都心の「富士見坂」もあちこちに高層ビルが建ち富士山が見える最後の富士見坂でしたこの日暮里の富士見坂も例外なく新宿区に建設されたビルによって完全な姿の富士山は見えなくなりました。 为了比较、富士山に夕日が沈む「ダイヤモンド富士」は1月29日〜31日ごろに見られます。 赞助链接

湯島天神で合格祈願の後は戸隠神社も忘れずに

合格祈願で有名な湯島天神です勉強で忙しかったり遠くに住んでいて参拝できないという方画像の下のところに自分も絵馬を飾ったというイメージで頑張ってください湯島天神の起源は戸隠神社のご祭神である天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀ったことだとされています湯島天神の境内には戸隠神社が併設されていますこちらのパワーもすごいですご利益目当ての方はお忘れなく! スポンサーリンク

田端・谷中・上野にまたがる谷中七福神

「谷中七福神めぐりをしよう!」という方七つのお寺は田端から上野にまたがっています七つすべてまわるなら田端の東覚寺(福禄寿)から始めるか上野の不忍池弁天堂(弁財天)から始めるのが効率的ですよ七つのお寺と最寄り駅をまとめておきます全部まわると2〜3時間くらいですかね途中休憩を入れて福禄寿(東覚寺)田端駅 恵比寿(青雲寺)西日暮里駅 布袋(修性院)西日暮里駅 毘沙門天(天王寺)日暮里駅 寿老人(長安寺)日暮里駅 大黒天(護国院)上野駅/鶯谷駅 弁財天(弁天堂)上野駅/根津駅/湯島駅 「1つだけめぐるからおすすめを教えて!」という方大黒天(護国院)か弁財天ですかねー両方お金関係ですが上野も近いしお守りもいろいろあるしアフター七福神の「鰻の伊豆栄」も近いし!あと酒悦で福神漬けを買って鈴本演芸場で笑って福をむかえるのはいかがでしょうか? スポンサーリンク

地下鉄の踏み切り(銀座線・上野検車区)

「地下鉄の踏み切り」普通は必要ないですよね地下を走るのでそんなわけで非常に珍しいのですが東京メトロ銀座線の上野検車区には地下鉄唯一の踏み切りがあります銀座線の上野駅の近くにあります車両基地に向かう途中に列車が道路を横切るための踏み切りです。 赞助链接

正岡子規記念球場(上野公園)

「なぜ正岡子規が野球?」と思った方正岡子規は野球が好きで上野公園内でよく野球をして遊んでいたそうです。还、「打者」「走者」「直球」など現在でも普通に使われている多くの野球用語を翻訳しましたその功績が認められ、2002年に野球殿堂入りしていますこのようなことから、2006年に上野恩賜公園開園式典130周年を記念し正岡子規記念球場(上野恩賜公園野球場)という愛称の球場が誕生しました。 为了比较、『「ベースボール」を初めて「野球」と訳したのが正岡子規で』というよく聞く雑学っぽい話は間違いで実際は中馬庚(ちゅうまんかなえ)です。 赞助链接

1 2 »
PAGETOP
版权 © 谷根千走.COM 版权所有.
这个网站是在主题为“BizVektor”“BizVektor广阔”的WordPress的扩展设计创建皮肤。